追加ワクチン接種について

追加ワクチン接種「令和4年秋開始接種(オミクロン株対応ワクチンの接種)」について

 初回接種(1回目・2回目)が完了した12歳以上の全ての方を対象に、「令和4年秋開始接種(オミクロン株対応ワクチンの接種)」が始まりました。「BA.1」に対応したオミクロン株対応ワクチンは9月20日から、感染の主流になっている「BA.5」に対応するオミクロン株対応ワクチンは、10月14日から使用されています。接種会場によって、「BA.5」に対応するオミクロン株対応ワクチンの使用開始時期が異なりますので、ワクチン予約の際に各自でご確認ください。
 これまで2年間、年末年始に新型コロナは流行しています。厚生労働省は、2022年の年末までに、重症化リスクの高い高齢者等だけでなく、若い方にもオミクロン株対応2価ワクチンによる接種を完了するように推奨しています。
 新型コロナワクチンは予防接種法第9条により、「接種を受けるよう努めなければならない」という、努力義務と呼ばれている規定が適応されており、接種費用は公費負担となっています。ただし、この規定は義務とは異なり、接種は強制ではありません。感染予防・重症化予防の効果と副反応のリスク双方を考慮して、ご本人が納得した上で接種を判断していただくことになります。また、職場や周りの方などに接種を強制する、接種を受けていない人に対して不当な差別をすることは禁止されています。

参考資料
厚生労働省 新型コロナワクチンQ&A
https://www.cov19-vaccine.mhlw.go.jp/qa/
NHK 新型コロナウイルス
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/

2022年10月06日